空華第六号

¥ 1,000

A5判204ページ
オンデマンド

カテゴリー: タグ:

説明

記念すべき五号を経て、ついに六号に突入しました。
さて、今回、また、☆ろりみたん☆が、空華のために絵を描きました。「☆古びたろりみたんの桃色BOX☆」です。ここに載せてあるのは、無刀会のメンバーによる人気投票で選ばれたイラストです。天照大神の絵は、選ばれた絵の中で☆ろりみたん☆がどうしても出せないという絵があって、それと差し替えになった最近の絵です。どれもこれ も、とてもかわいらしい絵ばかりになりました。
その次が、藍崎万里子の「はっちゃんがゆく」です。お笑い芸人として一世を風靡した主人公はっちゃんが、転落の一途を辿りながら、復活を目指していくという、わりとけなげな物語です。藍崎万里子の作品の中では風変わりな一作です。
そして、大坪命樹の「孤独な恋人」。これは作品の中に出てくる歌の題名です。大坪の作品としては、これも珍 しい画期的な作品です。猟奇的殺人を官能的に描いてあります。今回は、残念ながら、ページ数の都合で前編だけになりましたが、先が楽しみになる終わり方に なっています。次回はどうなるのでしょう。
そして、前回、初めて寄稿したTAN TANによるエッセイ「故・澤山功一さんとの思い出」です。澤山との想い出が友情豊かに語られています。故人が偲ばれます。
最後に、今回初めて空華に参加した倉田和奈さんの「鳥かご」です。美しい双子の男の子たちが、数々の確執を抱えながらも、互いを大事に 想い合い、愛し合う物語です。心理描写が細やかに描かれていたBL小説です。
最後に、同人メンバーによる、澤山さんへの「追悼文」です。みなさん、それぞれの澤山功一氏への想いを綴りました。
このような空華第六号ですが、オンデマンド版は割高になっており、到着まで少々お時間を戴いております。ここでしか手に入らない貴重なバックナンバーなので、ぜひお求めください。

追加情報

判型

オンデマンド

レビュー

レビューはまだありません。

“空華第六号” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。